宝塚歌劇の出版物、歌劇・宝塚グラフ毎回宙組話題は掲載無しで・・。

宝塚歌劇団のいじめの問題は形の上では終わった様子。 だが、宝塚歌劇団発行の、歌劇・宝塚グラフの内容は 編集に困り果ててる様子が刊行物から手に塗料によく 判る。 毎回、宙組の話題、舞台写真、生徒の掲載は皆無 公演予定だった演目も題名だけ掲載で公演日も組 掲載無し。 いじめの決着は生徒がわび状を書いて渡したと でも全員ではな…
コメント:0

続きを読むread more

宝塚歌劇はステージ事業と称される頃から変化を。

植田紳爾さんの稽古は、18時か18時半には終了した。 それだけに当時は、稽古の後、皆で集まって食事を することが頻繁に出来た。 宝塚南口に「かつき」という名前の店があり、そこで 集合しよとう稽古場で上級生が言うと皆集まった。 昭和51年、52年頃は、各地に劇場が少なく、 今のような追われるような各劇場での公演続きで なく、…
コメント:0

続きを読むread more

宝塚歌劇の改革はプロデユサーの確立が必要。

改めていじめの実態が浮きあがった宝塚歌劇団 歌劇団の自治権任せてきたとか聖域だったとか 色々改めて表現する人がいるが、歴代理事長 小林一三から始まり小林米三以下市川、阪、 植田、荒木と各理事長時代は演出家、生徒 共にゆとりがあった。が演出家が若返りし 古参演出家も去り裏方も若替わり事務所の メンバーも変わった段階から劇団の…
コメント:0

続きを読むread more